DSC_2345
自動検査システムとは

従来、人が測定器を使用しながら手動の製品検査を行っていました。そのため、測定データを逐一確認しながら作業を行う必要があり、
一端、検査が始まると、完了までその場を離れることが出来ないため専任者が必要でした。
自動検査システムは「人が行う作業をパソコンにやらせよう」という発想です。
パソコン等を用いて計測器および製品と通信しながら設定・計測・調整・記録を自動で行うことができる無人化システムです。

手作業による検査(測定)の様々な問題要素

作業時間の短縮が難しい

機器ごとの操作を覚えるのが大変

検査箇所が多いと漏れが発生してしまう


 

人の努力だけではこのような問題は解決できません!!

 


パソコンを使用した自動検査で解決できること

F

●ヒューマンエラーによる検査漏れ、検査ミス撲滅

品質向上
無人化

プログラムされた検査は確実に実施されます。ヒューマンエラーはありません。自動検査が開始されると、完了まで無人検査可能です。

G

●機器ごとの複雑な操作習得

時間短縮
操作簡易

機器設定および操作はすべてコンピュータが行います。開始ボタンを押すだけで自動検査が始まり、手動検査よりも検査時間が短縮できます。

F

検査箇所が多いと漏れが発生してしまう

品質向上
無人化

プログラムした検査は確実に実施されます。漏れることは一切、ありません。コンピュータで検査開始したら、完了まで人はいりません。

G

機器ごとの操作を覚えるのが大変

時間短縮
操作簡易

機器設定はコンピュータが行うので機器操作を知らなくても作業ができて、手動よりも時間短縮することができます。