新
自動検査への取り組み

はじまり〜

人による製品検査において、どうしても発生してしまう、データのばらつきや、ヒューマンエラーをゼロにしたい。その思いから、コンピュータによる自動検査システムの開発に取り組みました。

思いもよらぬ効果

自動検査システムの導入後、「品質向上」さらには「時間短縮」「無人化」という絶大な効果を得ることができました。

自動化のこだわり

検査を自動化すると手動よりも多くのデータを収集することができます。 この情報を最大限に

有効活用できるようデータベースを更新し、一元管理を行っています。

データの一元管理には様々なメリットがあります。

・ 検査成績書の作成

・ 測定結果データの再利用や解析への利用

・ 全ての社内拠点で情報共有

・ 統計的品質管理を利用した品質保証

これからの目標

世の中にはまだまだ自動化されていない事があります。新しい技術にトライし、これまで難しいと思われていた案件においても「自動化」に挑戦し、当初からの目標である「品質向上」を柱に様々な付加価値をつけながら進化していきます。

DSC_2345

従来、人が測定器を使用しながら手動の製品検査を行っていました。そのため、測定データを逐一確認しながら作業を行う必要があり、
一端、検査が始まると、完了までその場を離れることが出来ないため専任者が必要でした。
自動検査システムは「人が行う作業をパソコンにやらせよう」という発想です。
パソコン等を用いて計測器および製品と通信しながら設定・計測・調整・記録を自動で行うことができる無人化システムです。

詳しく見る
技術実績

~これまで実現した自動化項目~

・コンピュータ・PLCによる機器自動制御

・コンピュータ・PLCによるデータ自動取得

・検査用回路設計・開発

・検査結果のドキュメント出力

・統計的データ解析

開発事例
検査自動化研究開発チーム統括責任者より

大量生産品と異なり特殊な制御機器(製品)の検査は、熟練検査員でも大変困難なことです。私たちは、作業者によるばらつきをゼロにし、ヒューマンエラー撲滅を目指しながら自動検査に取り組んでまいりました。その結果、品質は勿論、大きなコストダウンに結びつきました。

多くの経験と長年培ってきた技術、ノウハウを次の世代へ伝承し、新しい技術を構築していくことが、我々の使命と感じております。

 

日本品質管理学会代議員、日本科学技術連盟品質管理(統計的品質管理)講師

品質保証室室長 川西哲詩

検査自動化をお考えの皆様へ

昨今、検査自動化に関する多くのご相談を頂いております。

「品質向上」「省人力化」に、ご興味のある方は是非、ご相談ください。

お問い合せは<お問い合せページ>からお願い致します。