Iwasaki Electric
会社概要

海外拠点

ベトナム工場設立2002年5月
代表取締役藤平 博之
資本金146.5万ドル
住所ベトナムホーチミン市 リンチュン第2工業団地
電話番号
+84 8-3729-1854
FAX+84 8-3729-1858
業務内容各種ワイヤーハーネス、産業用コントローラー等製造
従業員数620名(平成29年11月末現在)
ベトナム工場の取り組み
人材教育

■ 小集団活動・人材教育

品質は人によって作り込まれます。したがいまして人材育成は必要不可欠な要素です。
弊社では、「人材教育」、「品質改善活動」の年間計画を作成し、その取り組みと進捗について、専属のチェッカーが毎週各リーダーに進捗確認を行い、トップマネジメントへレポートしています。 ハンダ・圧着等の重要な作業は、認定試験(実技試験を含む)に合格した作業者のみが製品作りに従事しております。
また、問題が発生してからのアクションではなく、そこに潜むリスクを見出し、不良発生を未然に防止する小集団活動を展開しています。

vietnam
生産管理

■ 自社開発の生産管理システム

弊社が独自開発した生産管理システムにより、日本・ベトナムの両拠点を一括管理しております。これにより受注から梱包出荷までの流通をスムーズにし、低コスト短納期に対応しております。自社開発のためニーズの変化に合わせたシステム変更も柔軟かつ迅速に行え、運用開始以来バージョンUPを繰り返して日々更新しています。。

■ バーコードによる進捗管理(POS)

生産工程のトラッキング、部品のピッキングにバーコードを導入することで、部品、製品の状況をリアルタイムで把握することが出来ます。

■ 現地調達推進活動

コスト削減とリードタイム短縮のため、加工品(板金、樹脂成型品、基板等)及びカタログ品のベトナム現地調達に積極的に取り組んでおります。より安く、早く仕入れることを目標に日々取組みを行い、お客様のニーズにあったご提案が出来るよう、これからも現地調達化を推進していきます。

■ 柔軟な生産対応とリスク分散

試作、緊急対応は日本で、量産は安価で生産できるベトナムで、といった柔軟な生産対応が可能です。また、どちらかの工場に自然災害等の不測の事態が発生した場合でも、日本、ベトナムの両拠点に、同じ生産設備を保有しておりますので、バックアップも万全です。お客様に安心していただける生産対応、コストを実現できるよう取り組んでおります。

生産性向上への取り組み

■ 最新設備導入

ベトナム工場では、最新鋭全自動機の導入、作業治具の活用など積極的に取り組み、生産効率向上を図っております。お客様のコストダウンに対する期待に応えられるよう、常に改善に取り組んでおります。

製品紹介

■ 産業用ロボット向けハーネス

世界最先端のロボット向けハーネスです。長年培ったノウハウをここベトナムでも実現しました。高難度ハーネスも安心してお任せください。

■ コントローラー用ユニット

ロボットコントローラー用ユニットです。板金・プリント基板もベトナムで調達しています。

■ 薬科機器向け製品

現地調達の成型品に、モーター・プリント基板・ハーネスを組み込んだ薬科機器向け製品です。全数、錠剤カウントチェックを実施の上、出荷しています。

■ 融着製品

線色と極小サイズのドットを見分けながらAWG28サイズの電線を整線板に1本1本はわせる細かな作業を求められるハーネスです。ベトナム工場では融着製品も対応しています。

■ 医療機器向けハーネス

複雑な束線作業が要求される医療機器向けハーネスです。ピン数750余り、束線300箇所使用電線が600mを超える製品を専用治具を作成し、正確にお作りし、お客様へお届けしています。